青い波がくずれる
型番 978-4-7807-1981-9
販売価格

1,320円(税120円)

購入数

宰治が死去して70年以上、いまだにその人気は衰えない。
本書は、太宰の弟子である三人の作家――破滅的な田中英光、不遇の小山清、そして彼らを太宰から離れる心とともに凝視する戸石泰一――三人三様の文学人生をえがいたもの。
文学が青春のものであった時代をただ回顧するのではなく、文学とは何か、生きるとは何か、師弟とは、友情とは……と真摯に問いかけた小説集。人びとが生きてありたいと渇望した時代は、戦時下・戦後のあのときだけでなく、いまもまたそうではないのだろうか。その求める心に、戸石渾身の作品が応えてくれる。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける