前川喜平が語る、考える。学ぶことと育つこと、在日とアイデンティティー、あなたと私。
ジュール・ミシュレ 抄訳「フランス革命史」 1789年の選挙からヴェルサイユ行進までー「人権宣言」と憲法制定への道ー 第一巻・第二巻
散文精神について
あなたは何時間働きますか? ドイツの働き方改革と選択労働時間
福祉利用者の開発と 社会福祉 竹原健二・人間開発シリーズ
子ども白書2018 「子どもを大切にする国」をめざして
子育ては世直し
青春と泥濘 ーインパールに斃れた兵士たち
命を愛しむ養護教諭の仕事 〜いま保健室に求められている思想と技法〜
考証 革新都政 東京に憲法と自治が輝いたとき ー 市民と野党の共闘の原点がそこにあった ー
白球は残った。 ー 福岡県立小倉高校野球部断章 ー
前沢淑子写真集 イタリア・くらしのうた
障害のある人の開発と自立(自律)のための社会福祉 竹原健二・人間開発シリーズI
子どもの開発と子どもの貧困 竹原健二・人間開発シリーズII
高齢者の開発と介護福祉 竹原健二・人間開発シリーズIII
仙台発 なるほど謎解き探訪記
音でみる心も色も ー紅葉から慎太郎まで、作家が描いた視覚障害者像
福島事故後の原発の論点
戸田城聖 ー創価学会ー 復刻版
犒法改正甼軌蘢叱賁簑蠅函崙鵑弔瞭本史」
続 新潟県社会福祉史の基礎的研究
農民連は何をめざし、どうたたかうか ー歴史・政策・運動・世界(農民連ブックレット)
社会福祉学の科学方法論 筆者の著書『社会福祉学の探究』を通して
教職英語検定テキスト 小学校低学年担当用
エックス線物語 ―レントゲンから放射光、X線レーザーへ―
わが子を国際っ子にした ー息子とバイリンガル教育ー
葛藤の二重らせん ノーベル賞と研究不正
薬に頼らない生き方のすすめ あなたの内にその力がある
年寄りをナメてはいけない30話
4年生国語 ー教科書教材の読みを深める言語活動 発問を中心とした全時間の展開例
CDブックス(11曲収録) ドレミファ憲法 歌で知る前文と10の条文
「戦争する国」への道 安倍九条改憲NO!
スイス南西部アルプスの高峰を巡る:オートルートとマッターホルン・ モンテローザ一周トレイル ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内2
自力でいどみ、他力にたより 車いす巡礼・可能性への挑戦
わたしの愛しい子どもたち〜朱美先生の子どもエッセイ〜
作文名人への道【小学校3・4年生】
アニマシオンと日本の子育て・教育・文化
ともかの市議選奮戦記 三郷発ー同時進行ドキュメント
菜園家族レボリューション 日本国憲法、究極の具現化
「福島に生きる」ということ―バラバラ・ハラスメントを超えて
絹大好き2 まゆの秘密 Miracle of cocoon
日本列島にいたオオカミたち
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
草の根の通信使〈下〉帝国の記憶
文学の授業6 かさこじぞう 教材分析と全発問 各時間の児童の感想掲載
西郷文芸学 一読総合法による 物語の指導法 物語のあり方 児童の読みの心理にそった読み方を
企業別組合研究のための文献集 別冊『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』
語らなかった女たち ー引揚者・七〇年の歩み
保育英語ワークブック グレード 掘複魁法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 検複粥法vol.3 別冊解答・解説付き
村山俊太郎 教育思想の形成と実践
北斎夢枕草紙 娘お栄との最晩年
草の根の通信使〈上〉 玄界灘を越えた人々
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
農民連は何をめざし、どうたたかうか ー歴史・政策・運動・世界(農民連ブックレット)
型番 ISBN978-4-7807-1688-7 C0361 定価:520円+税
定価 562円(税42円)
販売価格

562円(税42円)

購入数

農民運動全国連合会:編集
B5判 84ページ 並製
定価:520円+税
ISBN978-4-7807-1688-7 C0361
奥付の初版発行年月:2018年04月
書店発売日:2018年05月14日

農民連は2019年1月に結成30周年を迎えます。
この機会に農民連結成の意義と歴史を振り返るとともに、農民連の運動の指針である「農民連行動綱領」について考えてみることにします。
(「第1章 農民連の歴史と行動綱領」冒頭より)

いま、政治と農政を大本から変える絶好のチャンスが広がっていますが、農民連は、今日の状況に対応する方針を「行動綱領」ですでに持ち合わせています。
いま、行動綱領が強調している「農業と農村を愛し、農業にまじめに取り組んでいる農民を広く結集する」客観的条件が広がっているのではないでしょうか。
(「第1章 農民連の歴史と行動綱領」の「むすび」より抜粋)

日本の農業経営は小規模で高コスト、農家は高齢化している、だから“日本農業はダメな産業だ”という議論が幅をきかせています。安倍政権は、こういう議論を増幅させるとともに、これに便乗して究極の農政解体をねらっています。
農業・農政の歴史を簡単にたどり、現在の世界の流れを見ながら、次の順序で安倍型農政解体のねらいにメスを入れ、日本農業の未来を切りひらくためにどういう農業政策が求められているのかを検討します。
【1】明治から終戦にいたる農業・農政の歴史
【2】徹底した農地改革と戦後農政の枠組みの確立
【3】日米安保・財界支配体制下での農政の歴史
【4】戦後最悪の政権による農政解体を許さない
【5】なぜ、どんな農業政策が必要なのか?
(「第2章 なぜ、どんな農業政策が求められているのか? ー農政の歴史と世界の流れから」冒頭より)

【目次】
第1章 農民連の歴史と行動綱領 ー農民連はなぜ結成され、何をめざすのか
第2章 なぜ、どんな農業政策が求められているのか? ー農政の歴史と世界の流れから
第3章 要求運動を基礎に強大な農民連をつくろう
第4章 世界で進む農政の大転換 家族農業こそが世界の流れ ー「国連家族農業の10年」と「農民の権利宣言(案)」が示すもの

【著者プロフィール】
農民運動全国連合会(ノウミンウンドウゼンコクレンゴウカイ)
〈執筆者一覧〉
笹渡義夫(農民運動全国連合会会長)
真嶋良孝(農民運動全国連合会副会長)
吉川利明(農民運動全国連合会事務局長)
岡崎衆史(農民運動全国連合会国際部副部長)
関根佳恵(愛知学院大学准教授)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける