AIと資本主義 ーマルクス経済学では こう考える
型番 ISBN:978-4-7807-1927-7 Cコード:0033 本体価格:2,000円
定価 2,200円(税200円)
販売価格

2,200円(税200円)

購入数

著者:友寄 英隆(トモヨリ ヒデタカ)
1942年、沖縄県生まれ。一橋大学経済学部卒業、同大学院修士課程修了。
月刊誌『経済』編集長などを歴任。現在、労働者教育協会理事。

ISBN:978-4-7807-1927-7
Cコード:0033
本体価格:2,000円
発売予定日:2019年05月11日
発行年月日:2019年05月18日
判型:A5判並製
ページ数:248

本書ではAIを人間論的な視点での研究対象としてはとらえずに、あくまでも人間による被造物として、経済学的な研究対象として扱う立場を貫こうとしてきました。本書の表題を「AIと人間」とせずに「AIと資本主義」としたのも、そうした意図を示すためにほかなりません。AIの急速な技術的な進化によっていま問われているのは、「人間のあり方」ではなく、「資本主義という社会のあり方」であるということを主張したかったからです。(「あとがき」より抜粋)


《目次》
【第吃堯 AIを見る視点
【第局堯 AIの進化と「劣化する資本主義」
【第敬堯 AIと労働過程の研究
【第孤堯 マルクスと「機械工業の原理」
【むすびに】 AIとマルクス経済学 ─探究すべき課題について


※正誤表は下記のHPをご覧ください。
HP: https://honnoizumi.co.jp/single/1777/
HP: https://honnoizumi.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/04/cbc735fbd71051a903ee69113490221e.pdf
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける