單線駅舎のある町で
型番 ISBN978-4-7807-1933-8 C0093 本体価格2778円
販売価格

3,056円(税278円)

購入数

ISBN978-4-7807-1933-8 C0093
本体価格2778円
判型:A5判上製
発行年月日:2019年07月26日
【著者略歴】
鶴岡 征雄(ツルオカ ユキオ):1942年茨城県龍ヶ崎町(現・龍ヶ崎市)生まれ。作家、日本民主主義文学会会員。

父の出奔 母の苦衷 愛娘を 棄てた私 
心延えとうらはらに 人の道をはずれる 肉親愛の亀裂 若き日の 求めあう恋の破綻 ばらばらになった 赤い糸のもつれを 蛍火で照らし出す 哀切の短編小説


わけしいのちを棄てた父。消えることのない、別れの痛みとやるせない人間愛の償いを、蛍火で照らし出す哀切の創作集
『私の出会った作家たち』の著者が放つ17年ぶりの第2短編集


【目次】
單線駅舎のある町で
雨蛙
鈴ヶ森刑場跡附近
ある女の肖像
千切られた日記帳

娘の結婚
銀座にて
坂道のある町で
桃の木
火の岬
【エッセイ】猊祗瓩砲弔い
あとがき
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける