マルクスと個人の尊重
型番 ISBN:978-4-7807-1948-2 Cコード:0010 本体価格:1,300円
定価 1,430円(税130円)
販売価格

1,430円(税130円)

購入数

著者:牧野広義(マキノヒロヨシ)
1948年 奈良県に生まれる
1977年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得
現在 阪南大学名誉教授、労働者教育協会副会長
主な著書
 『自由のパラドックスと弁証法』青木書店、2001年
 『哲学と知の現在─人間・環境・生命』文理閣、2004年
 『現代倫理と民主主義』地歴社、2007年
 『人間的価値と正義』文理閣、2013年
 『知のエッセンス─働く者の哲学』学習の友社、2013年
 『環境倫理学の転換─自然中心主義から環境的正義へ』文理閣、2015年
 『ヘーゲル論理学と矛盾・主体・自由』ミネルヴァ書房、2016年
 『世界は変えられる─マルクスの哲学への案内』学習の友社、2016年
 『ヘーゲル哲学を語る』文理閣、2016年
 『『資本論』と変革の哲学』学習の友社、2017年
 『マルクスの哲学思想』文理閣、2018年

発売予定日:2019年10月18日
発行年月日:2019年10月25日
判型:A5
ページ数:112
重量:200g

個人は一人ひとりでは弱いものですが、団結し連帯すれば、大きな力を発揮することができます。このように、「個人の尊重」を「社会的協同」によって実現しようというのが、マルクスの思想です。本書では、このようなマルクスの思想について考えたいと思います。(「まえがき」より)


《目次》
序 章 個人の尊重を社会的協同で
第1章 個人の尊重とマルクス
第2章 マルクスの世界観─世界は変えられる
第3章 『資本論』と変革の哲学
第4章 『資本論』のエッセンス─真の主人公は労働者
第5章 将来社会と個人の尊重

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける