美しい橋
型番 ISBN978-4-7807-1957-4 Cコード:0093 本体:2,200円
販売価格

2,420円(税220円)

購入数

戦争から7年、灰燼まだくすぶる東京下町で白髭橋のボルトの穴をラブレターの隠し場所にした純な二人の物語。
東宝映画「二人だけの橋」、東芝日曜劇場「美しい橋」の原作。
東芝日曜劇場「美しい橋」の主役は山口百恵さんであった。

判型:46判上製
ページ数:256
発行年月日:2020年03月10日

著者:早乙女勝元(サオトメカツモト)
作家。1932年東京都足立区生まれ。東京大空襲・戦災資料センター名誉館長。
工場労働をしながら10代で書いた『下町の故郷』によって作家として出発。
56年以後、作家活動に専念。
《著書》『生きることと学ぶこと』『戦争を語りつぐ─女たちの証言』
『東京大空襲』『東京が燃えた日』(以上、岩波書店)、
『早乙女勝元自選集』(全十二巻/草の根出版会)、
『空襲被災者の一分』(本の泉社)、『螢の唄』(新潮文庫)、
『プラハの子ども像』『その声を力に』『赤ちゃんと母の火の夜』
『アンネ・フランク』『もしも君に会わなかったら』
『徴用工の真実』(以上、新日本出版社)、
『わが母の歴史』(青風舎)、『東京空襲下の生活日録』(東京新聞)など多数。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける