作文と教育2・3月号
型番 978-4-7807-1741-9
販売価格

990円(税90円)

購入数

特集:今こそ一人一人の子どもの思いに寄り添う─長引くコロナ禍の中で─
長引くコロナ禍の中、子どもたちにとって「新しい日常」とは何か。楽しみにしていた学校再開。しかし待ち受けていたのは、遅れた学習を取り戻すための詰込み授業、行事の中止・縮小、黙食や黙動等の新たなルール…。また、感染者への中傷や差別という問題も生じている。そんな中、子どもたち一人一人が抱えている思いを綴ること、それを読み合うことの意義が見直されている。子どもの思いに寄り添い、成長を励ます実践を特集した。


自分の悩みや想いを表現できる場を―詩の授業大好き―/金田一清子
不安な気持ちに寄り添い、共感し、励ます/佐藤 秀寿
「寄り添う」って、どういうことだろう/相模 光弘
ぼくと子どもたちの日常 〜コロナ禍の六月と十二月〜/寺本  透
「いちばん大切なもの」を見つめる好機に/江頭 啓之
最悪で最高の二学期〜印象的な子どもの言葉から考える〜/藤木 陽介
コロナ禍でも楽しく遊びたい―放課後等デイサービスの実践―/熊倉 和耶
日記を読み合うことを通して、一人一人の思いに寄り添いたい/佐藤 美穂子
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける