理科教室2021年10月号
型番 ISBN 978-4-7807-1566-8
販売価格

1,000円(税91円)

購入数

『理科教室』
2021年10月号 vol.64 No.10
科学教育研究協議会 編

特集:授業改善のための評価

「評価」というと、テストによる生徒の評価、評定をつけるための観点別評価がまず思い浮かぶが、教育の本筋を見失う恐れがある。教師にとって、本来あるべき評価とは何か。授業改善の観点からの本質的な評価とはどういうことか。いま一度見直してみたい。


判型・頁数 B5判 96ページ
定価 1000円(税込)
ISBN 978-4-7807-1566-8
出版年月日 2021年10月1日


目次

主張 授業改善に生かす評価のあり方を考える/箕輪 秀樹
1 学校教育における授業評価を問うということ/岩 敬道
2 「評価」は授業の中で行われる/小佐野 正樹
3 子どもの認識は授業でつくられる/玉井 裕和
4 授業をつくり、生徒を勇気づけるための評価(中学校)/村上 聡
5 進学を目的としない生徒が取り組む「力と運動」/前川 拓也
6 授業づくりに欠かせない評価とは/北林 雅洋
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける