北壁に消えた青春
型番 ISBN 978-4-7807-0415-0
定価 1,885円(税171円)
販売価格

1,885円(税171円)

購入数

原武 著 原眞 編
定価:1800円/冊
発行年月日:2008年11月20日発行
サイズ:328ページ

内容紹介
Contents
序−−−深田久弥
第一章 早熟と童心(中学・高校時代)
第二章 山の日々(大学一年)
第三章 山と街(大学二年)
第四章 孤独の陰(大学三年)
武の逝った日−−−原眞
原武・年譜
追憶の山−−−原眞

著者紹介
原 武(はら・たけし)

1939年7月24日名古屋市熱田区富江町にて出生。
1946年4月森山小学校入学。51年5月。森山小学校児童会会長に任命さる。
1952年4月、東海中学校入学。
1955年4月、東海高等学校入学。
1958年4月、名古屋大学医学部進学課程入学。
1960年4月、名古屋大学医学部進学。
1961年4月、鹿島槍北壁登攀中遭難死亡。


--------------------------------------------------------------------------------

原 眞(はら・まこと)

1936年生まれ。北海道大学入学と同時に山岳部に所属。2年後に札幌医科大学に転じ、山岳部を育成。62年同大医学部卒業。
66年アコンカグア南壁の登攀により、日本人の7000m峰岩壁登攀に先鞭をつけ、70年マカルー南東稜初登頂によりヒマラヤ8000m峰バリエーション時代の幕を開けた。その後、大規模な包囲法登山から少人数のアルパインスタイルによる速効登山に転じて、無酸素高所登山の新戦略を展開するなど、常に海外登山のパイオニアワーク中核にいるオールラウンドクライマー。
著書は、『マカルー1970』(名茗堂)、『登山のルネッサンス』(山と渓谷社)、『ドキュメント速効登山』(共著、東京新聞出版局)、『還らざる者たち』(悠々社)、『頂上の旗』(悠々社)、『ヒマラヤサバイバル』(悠々社)、『快楽登山のすすめ』(東京新聞出版局)など。


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける