労働総研ブックレットNo.2 大震災と日本の社会保障──被災地から労働・生活・地域の再建を考える
型番 ISBN978-4-7807- 0791-5 C0336 \571E
定価 628円(税57円)
販売価格

628円(税57円)

購入数

労働総研ブックレット 2
大震災と日本の社会保障──被災地から労働・生活・地域の再建を考える
日野秀逸 著
定価:571円(税込)
A5判・64ページ
ISBN978-4-7807- 0791-5 C0336 \571E

CONTENTS
1 体験的大震災
2 東日本大震災の性格
(1)「複合性」「超広域性」「長期性」/(2)高齢化と過疎の地域を襲う人災
(3)いかなる取り組みが必要になるか
3 復興構想会議提言をめぐって──被災者と被災地を向いていない不思議な構想
(1)「被災者」も「生存権」も記載されない「復興構想7原則」
(2)「創造的復興」の意味するもの/(3)「特区」構想の問題点
4 人災化を反省しない復興構想会議提言
(1)「従来の支え合い」を基盤とする提言──自助と互助が中心
(2)復興に公的責任を果たさないと宣言するに等しい「新しい公共」論
(3)日本社会の「絆」の弱化/(4)「絆」をめぐる震災後の状況
(5)どのような社会を目指すのか
5 現場からの再建・復興
(1)復興の基本/(2)自治の力に依拠する/(3)地域循環型経済を基盤に/(4)復興財源
(5)経済団体の「震災太り」復興構想
6 社会保障の再構築を──あらわになった生活基盤の弱体化
(1)臨調・行革から社会保障構造改革へ三〇年/ (2)最近の政府・財界の社会保障政策
(3)国の責任を当然の前提とする社会保障像とは異質の厚労省案
(4)財務省サイドの本音を示す田近提案/(5)経済同友会方針と経産省案
(6)最終案「給付の重点化・効率化」の内容/(7)国民のための社会保障の再生は急務
7 「生業・生活の総合的再建」=労働と生活の総合的保障としての社会保障
(1)生命と生活の再生産の不調が顕著な日本社会/(2)社会保障の範囲の拡大
(3)大震災と国民健康保険
おわりに──日本社会の憲法的再建を
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける