TPP(TPP)と労働者、労働組合
型番 ISBN978-4-7807-0694-9 C0336 ¥571E
定価 628円(税57円)
販売価格

628円(税57円)

購入数

〈目次〉
はじめに
第一章 TPPとはどのようにしてできた協定なのか
   アジア通貨危機をきっかけに  
   米国抜きの東アジアの経済統合への楔 
第二章 米国はなぜTPP交渉参加に積極的なのか
  1 ブッシュ政権の経済戦略とその破たん  
    ドーハ開発アジェンダへの期待  
    金融自由化を射程に  
    アメリカ自由貿易地域形成の失敗 
     コラム【米国との自由貿易協定締結国では】
  2 オバマ政権の登場と米国抜きの東アジア共同体への危惧
    TPPに慎重だったオバマ  
    東アジア共同体への危機感 
     コラム【アメリカの鳩山政権崩しと日米安保 
  3 米国の環太平洋戦略に追随する民主党政権
    米国環太平洋戦略と日本 
    TPP参加めざす民主党政権 
第三章 新たなTPPは、どんな協定になるのか
  1 TPP協議の現局面 
    秘密交渉ですすめられるTPP協議
  2 TPPで国民生活はどう変わるのか
    日本農業は壊滅的打撃 
    サービス貿易の自由化とは 
      「ゆうちょ」「かんぽ」に続いて「共済」も標的に
      公共工事も国際入札の対象に
      薬価制度の自由化 
      大きく脅かされる食の安全
    ISDS条項の危険
第四章 TPPで労働と雇用の条件は良くなるのか
  1 米国経済の起死回生策としてのTPP
    米国の内需拡大に便乗できるのか 
    なぜ米国はTPP締結を急ぐのか 
      オバマの輸出倍増計画
    環太平洋地域への大きな期待 
  2 新自由主義的「構造改革」路線とTPP
    TPPと労働者生活、日本経済 
    深刻なデフレと新自由主義的「構造改革」 
    米国の対日要求と金融自由化 
    日本版金融ビッグバンと米国金融機関の参入
    大企業の利益第一の小泉構造改革の登場 
  3 TPP推進と日本の財界の要求 
    デフレは容認できない  
    金融政策でデフレ脱却はできない 
    財界の肝入りでTPP推進  
    「新成長戦略」と国内雇用の破壊 
    国民の血税で海外進出 
まとめにかえて――TPPはなぜ「第三の構造改革」なのか
    労働者・労働組合にとってのTPP 
    日本の医療が狙われている  
    危惧される混合診療 
    TPP参加ではなく、国民経済の秩序重視のシステムづくりを 
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける