語らなかった女たち ー引揚者・七〇年の歩み
企業別組合研究のための文献集 別冊『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』
保育英語ワークブック グレード 掘複魁法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 検vol.3 別冊解答・解説付き
村山俊太郎 教育思想の形成と実践
北斎夢枕草紙 娘お栄との最晩年
草の根の通信使〈上〉 玄界灘を越えた人々
『空想から科学へ』と資本主義の基本矛盾ー難読箇所を どう読むかー《資本論 150年》
検証 政治とカネ ー「政治改革」20年は何だったのか
経済・社会と医師たちの交差 ーペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち
ロシア十月革命とは何だったのか
応能負担で暮らしと社会保障の拡充を ー崩壊するアベノミクスをどう乗り越えられるか(本の泉社マイブックレットNo.30)
哀愁の巴里 掘|羸照忘酩塀
LAND・SCAPE 中西繁作品集
光の廻廊/欧州の旅 供|羸照忘酩塀
中西繁 連載小説「時の行路」 挿画集
À Paris ゴッホの部屋の日々
決定版 中西繁絵画講座 初心者でもいい絵が描ける
鳩を〈上〉 鳩が来た
鳩を〈下〉 本格戦
「いじめ・自殺事件」の深層を考えるー岩手県矢巾町『いじめ・自殺』を中心としてー
どう変わる どうする 小学校理科 新学習指導要領
ぼちぼち行こうか 保健室の窓から
保健室と社会をつなぐ 本当の育ちと学びの場
子ども白書2017 「子どもを大切にする国」をめざして
本質的な理科実験 金属とイオン化合物がおもしろい
教育の良心を生きた教師 ー三島孚滋雄の軌跡
鬼の栖む風景120
判決から読みとく日本 日本社会のあり方を考える市民と社会科教師のための本
スポーツ団体への統制と報国団化 シリーズ3過去の戦争とスポーツーその痛恨の歴史
スポーツ物資の規制と軍部への供出 シリーズ2 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
貧しい日本の年金の実態、これで良いのか 世界で23位ー中国と韓国の間
事実と価値
増補改訂版 廃業して分かったFC契約の怖さ ーファミマ元店主の体験記 マイブックレットNo.16
メールで交わした3・11 ー言葉は記憶になって明日へ
[農民連ブックレット]ストップ! 日米FTAと「安倍農政改革」ー私たちの提案
企業別組合は日本の「トロイの木馬」
失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法
パックル森のゆかいな仲間  ポーとコロンタ
鬼瓦のルーツ 写真紀行 〜韓国、中国、カンボジア〜
野老であるが志は千里
原発より危険な六ヶ所再処理工場
文学で平和を
ガジュマルの樹の下で
日本国憲法はこうして生まれた ー施行70年の歴史の原点を検証する
一枚の絵の長い旅
築地市場の豊洲移転? マイブックレットNo.29
環境と動物の倫理
名作が踊る『資本論』の世界  シェイクスピア、ダンテ、セルバンテス、シラー、ハイネ…
マルクスと21世紀社会
東洋医学療法 温灸カッサ 講座テキスト
ともに明日を見る窓 児童文学の中の子どもと大人
1945年7月 高松 えほん 空襲
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
日本の「ことば・読み書き」指導の近代史
パリと私の物語
地域に根ざす学校づくり ー“子どもが主人公”の学校改革を求めて
元素よもやま話 ー元素を楽しく深く知る―
戦争は殺すことから始まった 日本文学と加害の諸相
公害・環境問題と東電福島原発事故
子ども白書2016 「子どもを大切にする国」をめざして
学童保育室で暴れる子どもたち 〜一〇二通のアンケートから〜
保育英語ワークブック グレード 1 別冊解答付き
保育英語 ワークブック グレード pre-1 別冊解答・解説付き ★CD付き
保育英語ワークブック グレード pre-機vol.2 別冊解答付き
保育英語ワークブック グレード II vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.2 別冊解答・解説付き
「書くこと」の授業を豊かに ―作文教育で「アクティブ・ラーニング」の先へ―
落語こぼれ話
現代の災害と防災 ─その実態と変化を見据えて─
食いしんぼうカレンダー  なっちゃんのおいしい12か月
改訂版「邪馬台国論争史学」の終焉 日本古代史学と憲法第一条
ドキュメント詩 朝やけの歌  三郷発─全国の「赤旗」配達の仲間へ
ゆたかなくらし 2016年2・3月合併号 高齢者福祉白書 わが国唯一の高齢者福祉・介護総合誌
ネパール 村人総出でつくった 音楽ホール 〜幸せを呼ぶ秘境の地 サチコール村〜  
おもしろ哲学 未華の冒険
原発を阻止した地域の闘い 第一集
これができたらノーベル賞
トゥール・デュ・モンブランを歩こう 素敵な山小屋とすばらしい展望 〜ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内1〜
作文名人への道 報告文・記録文・意見文・紹介文・随筆・物語・ 短歌・俳句
漂流する原子力と再稼働問題 日本科学者会議第35回原子力発電問題全国シンポジウム(金沢)より
野菜の力
決定版 わが家の常備菜・保存食 考えたい備えたい非常食
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
いま 子どもがあぶない 福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」(福島集団疎開裁判)
型番 SBN978-4-7807-0907-0 C0336 ¥571E
定価 617円(税46円)
販売価格

617円(税46円)

購入数

ふくしま(福島)集団疎開裁判の会編
A5判・72頁 定価:600円(税込)

「ふくしま集団疎開裁判」を支持します。
荒井晴彦 おしどりマコ 柄谷行人 神田香織 小出裕章 坂本龍一
沢田昭二 高橋哲也 ちばてつや 鄭 義信 野中ともよ ノーム・チョムスキー 肥田舜太郎 矢ヶ?克馬 山本太郎(五〇音順) 

目次

じめに―『ビジネス・インサイダー』の衝撃―
第1章「ふくしま集団疎開裁判」を起こしたわけ
  1 放射能の四重の残酷さ 
  2 放射能の四番目の残酷さが政府・自治体・原子力ムラの欺瞞性をあばく  
  3 チェルノブイリ原発事故との比較  
  4 いかなる場合に基準値の引上げは許されるのか  
第2章疎開裁判の判断を決める三つの力
  1 第一と第二の力―真実と正義 
  2 第三の力―物いわぬ多数派(サイレントマジョリティ) 
第3章 第一審(福島地方裁判所郡山支部)の経過と結論
  1 私たちの主張   
  2 郡山市の反論    
  3 裁判所の判断   
  4 異議申立と世界市民法廷の設置  
  5 世界市民法廷の経過   
第4章 第二審(仙台高等裁判所)の経過―私たちの主張
  1 35%の子どもに「のう胞」が見つかった福島県民甲状腺検査結果の問題点を指摘 
  2 被ばくによる健康被害が後の世代により強く現れる「遺伝的影響」の問題点を指摘 
  3 いまだデータも対策も公開しない郡山市内小学校のホットスポット情報を提出 
  4 放射能汚染土壌などを埋めた郡山市内21ヵ所の仮置き場マップを提出 
  5 「郡山市の学校給食は安全か?」をめぐる疑問点を提出 
  6 100ミリシーベルト問題に三・一一以前の山下見解で決着をつける証拠を提出 
第5章 人々の声
  1 当事者の声 原告の母 
  2 意見書いま、福島の子どもたちに何が起きているか?
   ―甲状腺障害、呼吸機能、骨髄機能をチェルノブイリ原発事故などの結果から考察する―
   深川市立病院内科・医学博士松崎道幸 
  3 マスコミがほとんど報道しない「ふくしま集団疎開裁判」に、ぜひご支援を
                (二〇一二年八月二四日文科省前抗議行動スピーチ)
弁護団 井戸謙一 
  4 なぜ福島の子どもたちの集団疎開は検討すらされないのか
         (二〇一二年八月二四日官邸前抗議行動スピーチ) 弁護団 柳原敏夫 
  5 ふくしま集団疎開裁判の現地から見えてきた「国際原子力ロビー」
ふくしま集団疎開裁判の会代表 井上利男 
  6 世界市民法廷(郡山)閉会の言葉 『福島から あなたへ』著者 武藤類子 
  
  7 現代と未来の子どもたちを粗末にしない日本国を皆で一緒に造りましょう
育種・遺伝学者 生井兵治 
  8 新たな「東京裁判」を 柄谷行人 
  9 確信犯的な「ふくしま集団疎開裁判」の判決 ?木学校 崎山比早子 
  10 メッセージ ノーム・チョムスキー 
おわりに   
コラム
  裁判所へのメッセージ 山本太郎 
  除染は壮大な まやかし? ふくしま集団疎開裁判の会 武本 泰 
  メッセージ おしどりマコ 
  2台並ぶモニタリングポスト 弁護団 柳原敏夫 

本年九月一一日、福島県の子どもの甲状腺検査で3万8千人の中から初めて一人が甲状腺がんと診断されました。山下俊一氏を座長とする検討委員会は「チェルノブイリ原発事故後の発症増加は最短で4年」等を理由にして原発事故との因果関係を否定しました。しかし、三・一一以前の山下氏は講演で、通常なら子どもの甲状腺がんは100万人に一名と述べています(8)。さらに、原発から150キロ離れたベラルーシ「ゴメリ」地区の小児甲状腺がんは、チェルノブイリ原発事故の翌年に4倍に増加したデータを紹介しています(9)。また、今回発表の4万2千人の子どものうち43%に「のう胞」が見つかり、前回の35%よりさらに増加しました(第4章1参照)。明らかに福島の子どもたちに重大な異変が発生しています。
(はじめにより抜粋)

原告の14人は決して自分たちだけの避難を考えて提訴した訳ではありません。自分たちと同じように放射能の危険な環境で教育を受けているすべての子どもたちが避難できることを願っていました。但し、いまの裁判制度でいきなりそれを実現することは不可能でした。そこで、まず、郡山市の14人の小中学生がいわば先駆けとなって、救済を求める裁判を起こしました。もしこの訴えが認められたら、次に、14人の小中学生と同様の危険な環境に置かれているすべての子どもたちの救済を、「子どもたちを安全な場所で教育せよ」という勝訴判決を根拠にして、市民による対行政交渉を通じて実現するという構想でした。その意味で、この14人は被ばくにより命と健康の危険にさらされているすべての子どもたちを事実上代表して、訴訟に出たのです。そして、14人の命を救う裁判所の判断が出れば、それが彼らと同様の危険な環境に置かれたすべてのふくしまの子どもたちの命を救うことになるのです。
(おわりにより抜粋)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける