災害廃棄物・放射性廃棄物問題 もう1つの大震災・原発事故
型番 ISBN978-4-7807-0923-0 C0336 ¥900
定価 990円(税90円)
販売価格

990円(税90円)

購入数

田口 正己:著 発行:本の泉社
A5判ブックレット 128ページ
マイブックレットNo.25
定価:900円+税
ISBN978-4-7807-0923-0 C0336
発行日:2013年02月

【紹介】
大震災に原因して発生する災害廃棄物と、原発事故に原因して発生する放射性廃棄物に関わって、どのような問題が顕在化し、深刻化してきているのか、などについて本書では検討している。
(「はじめに」より抜粋)

【目次】
序 章 「ホットスポット」後の住民と行政――何が問題か
第1章 「3.11」以後の新たな問題――「ホットスポット」で考える
第2章 「3.11」以前と「3.11」以後の廃棄物問題
第3章 大震災・原発事故と「もう1つの大震災・原発事故」
第4章 どうなる! 大震災・原発事故問題のこの先――東京電力と国の責任を問う
第5章 放射性廃棄物の問題――「仮置き場」や「中間貯蔵施設」の確保

【著者プロフィール】
田口 正己(タグチ マサミ)
1938年秋田県生まれ
1964年立正大学大学院修士課程修了(社会学専攻)
立正大学社会福祉学部教授、社会福祉学部長を経て、
現在、立正大学名誉教授、千葉県自治体問題研究所理事長。
主著
『現代の社会学』(共著、誠信書房、1965年)、『日本農業の社会学』(自費出版、1970年)、『現代社会学ノート』(自費出版、1971年)、『企業都市と住民生活』(みなと印書、1978年)、『地域構造の変化と住民自治』(みなと印書、1979年)、『くらしと清掃』(監修・著、汐文社、1982年)、『地域認識と地域調査』(埼玉コミュニケーションセンター、1987年)、『現場からごみを減らす』(共著、自治体研究社、1990年)、『ごみ問題のゆくえ──資料と解説』(共著、自治体研究社、1991年)、『これでよいのか東京』(共著、白石書店、1991年)、『ごみ問題百科── 現状と対策』(新日本出版社、1991年)、『リサイクル時代のごみ行政』(共著、自治体研究社、1992年)、『ごみ問題最前線』(新日本出版社、1992年)、『ドイツに学ぶごみリサイクル』(共著、自治体研究社、1994年)、『ごみ、ちょっとまって有料化』(監修・著、本の泉社、1994年)、『現代ごみ問題の都市比較』(新日本医学出版社、1994年)、『ごみ問題の政策争点──「リサイクル社会」論から「経済的手法」論へ』(自治体研究社、1996年)、『社会調査ハンドブック──暮らしと社会調査』(本の泉社、1998年)、『ごみ問題百科?──争点と対処』(新日本出版社、1998年)、『これからのごみ行政──環境先進国への途』(ケイ・アイ・メディア社、1999年)、『工業化と企業都市の構造変化──千葉県と市原市の実証的研究』(本の泉社、1999年)、『地方自治新時代と埼玉県政』(共著、自治体研究社、2000年)、『現代ごみ紛争──実態と対処』(新日本出版社、2002年)、『「ごみ紛争」の展開と紛争の実態──実態調査と事例報告』(本の泉社、2003年)、『ごみ有料制の現状と政策争点──再論「ごみ、ちょっとまって有料化」』(本の泉社、2005年)、『福祉文化の創造──福祉学の思想と現代的課題』(共著、ミネルヴァ書房、2005年)、『ごみ社会学研究──私たちはごみ問題とどう向き合ってきたか?』(自治体研究社、2007年)、『大規模「国家プロジェクト」の構想と現実──東京湾アクアライン・つくばエクスプレス・本州四国連絡橋』(本の泉社、2008年)、『家族と集落の生活史──「藤蔵家」の人々と暮らし』(本の泉社、2009年)、『郊外都市の地域構造と行財政の現状──柏市の地域分析と行財政分析』(本の泉社、2011年)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける