仙台発 なるほど謎解き探訪記
音でみる心も色も ー紅葉から慎太郎まで、作家が描いた視覚障害者像
福島事故後の原発の論点
戸田城聖 ー創価学会ー 復刻版
犒法改正甼軌蘢叱賁簑蠅函崙鵑弔瞭本史」
続 新潟県社会福祉史の基礎的研究
農民連は何をめざし、どうたたかうか ー歴史・政策・運動・世界(農民連ブックレット)
社会福祉学の科学方法論 筆者の著書『社会福祉学の探究』を通して
教職英語検定テキスト 小学校低学年担当用
エックス線物語 ―レントゲンから放射光、X線レーザーへ―
わが子を国際っ子にした ー息子とバイリンガル教育ー
葛藤の二重らせん ノーベル賞と研究不正
薬に頼らない生き方のすすめ あなたの内にその力がある
年寄りをナメてはいけない30話
4年生国語 ー教科書教材の読みを深める言語活動 発問を中心とした全時間の展開例
CDブックス(11曲収録) ドレミファ憲法 歌で知る前文と10の条文
「戦争する国」への道 安倍九条改憲NO!
スイス南西部アルプスの高峰を巡る:オートルートとマッターホルン・ モンテローザ一周トレイル ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内2
自力でいどみ、他力にたより 車いす巡礼・可能性への挑戦
わたしの愛しい子どもたち〜朱美先生の子どもエッセイ〜
作文名人への道【小学校3・4年生】
アニマシオンと日本の子育て・教育・文化
ともかの市議選奮戦記 三郷発ー同時進行ドキュメント
菜園家族レボリューション 日本国憲法、究極の具現化
「福島に生きる」ということ―バラバラ・ハラスメントを超えて
絹大好き2 まゆの秘密 Miracle of cocoon
日本列島にいたオオカミたち
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
草の根の通信使〈下〉帝国の記憶
文学の授業6 かさこじぞう 教材分析と全発問 各時間の児童の感想掲載
西郷文芸学 一読総合法による 物語の指導法 物語のあり方 児童の読みの心理にそった読み方を
企業別組合研究のための文献集 別冊『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』
語らなかった女たち ー引揚者・七〇年の歩み
保育英語ワークブック グレード 掘複魁法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 検複粥法vol.3 別冊解答・解説付き
村山俊太郎 教育思想の形成と実践
北斎夢枕草紙 娘お栄との最晩年
草の根の通信使〈上〉 玄界灘を越えた人々
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
予防原則・リスク論に関する研究―環境・安全社会に向けて
型番 ISBN978-4-7807-0969-8 C0036 ¥1800E
定価 1,944円(税144円)
販売価格

1,944円(税144円)

購入数

日本科学者会議・日本環境学会 編
環境政策における基本理念としての予防原則の考え方は,欧州で生成・発展し,1992 年のリオ宣言で国際的に承認された環境政策の原則の一つとなった.
しかし,日本における扱いは,ほとんど棚上げの状態となっている.その一方で,リスク論の適用が各分野で広がっており,被害の過小評価や被害者の切り捨てに利用される事態も生じている.
今回の出版は,現在までの研究活動を中心に,福島第一原発事故による新たな課題等を加え,現段階における「まとめ」として編集・出版したものである.
(「まえがき」より抜粋)
執筆者(掲載順)
―西川榮一,小野塚春吉、神戸秀彦、田口直樹、森家章雄
〇神戸秀彦、近藤真、〇西川榮一、山田耕作、礒野弥生、津田敏秀、〇森家章雄、西川祥子、〇小野塚春吉、山口英昌、〇田口直樹、片平洌彦、沢田昭二、荻野晃也、佐藤克春、本間圭吾、歌川学、下田 守、長野晃(〇は編集委員)
Contents
まえがき
序章 予防原則とリスク論をめぐって 編集委員会
第1章  予防原則の生成と展開─EUのREACH規則を素材にして
第2章 予防原則・リスク論と環境権の再定義
第3章  技術の開発利用にかかる 環境・安全問題へのアプローチ
第4章 ICRPにおける放射線防護基準の変遷と問題点
第5章 情報とリスクコミュニケーション
第6章 予防原則と疫学の意義
第7章 科学の不完全性と倫理としての予防原則〜原発はどこまで地震・津波に耐えるべきなのか〜
第8章 化学物質管理政策の現状と課題
第9章  予防原則と食の安全─EU食品安全法に見る予防原則と日本の現状─
第10章 アスベスト問題から見た予防原則
第11章 薬害問題と予防原則
第12章 放射線低線量被曝問題と予防原則
第13章 電磁波影響問題と予防原則
第14章  リスク評価論の政策利用の批判的検討─市街地土壌汚染を念頭に─
第15章 意思決定における予防原則の確立
第16章 温暖化・気候変動問題と予防原則
第17章  公害と予防原則─水俣病・カネミ油症などの事例から─
第18章 寝屋川廃プラ公害と予防原則
終 章 予防原則を基本理念とする環境・安全社会に向けて
あとがき
索 引
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける