名作が踊る『資本論』の世界  シェイクスピア、ダンテ、セルバンテス、シラー、ハイネ…
マルクスと21世紀社会
スポーツ物資の規制と軍部への供出 シリーズ2 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
東洋医学療法 温灸カッサ 講座テキスト
ともに明日を見る窓 児童文学の中の子どもと大人
1945年7月 高松 えほん 空襲
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
日本の「ことば・読み書き」指導の近代史
パリと私の物語
国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
地域に根ざす学校づくり ー“子どもが主人公”の学校改革を求めて
元素よもやま話 ー元素を楽しく深く知る―
戦争は殺すことから始まった 日本文学と加害の諸相
公害・環境問題と東電福島原発事故
子ども白書2016 「子どもを大切にする国」をめざして
学童保育室で暴れる子どもたち 〜一〇二通のアンケートから〜
保育英語ワークブック グレード 1 別冊解答付き
保育英語 ワークブック グレード pre-1 別冊解答・解説付き ★CD付き
保育英語ワークブック グレード pre-機vol.2 別冊解答付き
保育英語ワークブック グレード II vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.2 別冊解答・解説付き
「書くこと」の授業を豊かに ―作文教育で「アクティブ・ラーニング」の先へ―
落語こぼれ話
現代の災害と防災 ─その実態と変化を見据えて─
食いしんぼうカレンダー  なっちゃんのおいしい12か月
改訂版「邪馬台国論争史学」の終焉 日本古代史学と憲法第一条
ドキュメント詩 朝やけの歌  三郷発─全国の「赤旗」配達の仲間へ
ゆたかなくらし 2016年2・3月合併号 高齢者福祉白書 わが国唯一の高齢者福祉・介護総合誌
ネパール 村人総出でつくった 音楽ホール 〜幸せを呼ぶ秘境の地 サチコール村〜  
おもしろ哲学 未華の冒険
原発を阻止した地域の闘い 第一集
これができたらノーベル賞
作文名人への道 報告文・記録文・意見文・紹介文・随筆・物語・ 短歌・俳句
トゥール・デュ・モンブランを歩こう 素敵な山小屋とすばらしい展望 〜ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内1〜
漂流する原子力と再稼働問題 日本科学者会議第35回原子力発電問題全国シンポジウム(金沢)より
野菜の力
決定版 わが家の常備菜・保存食 考えたい備えたい非常食
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
予防原則・リスク論に関する研究―環境・安全社会に向けて
型番 ISBN978-4-7807-0969-8 C0036 ¥1800E
定価 1,944円(税144円)
販売価格

1,944円(税144円)

購入数

日本科学者会議・日本環境学会 編
環境政策における基本理念としての予防原則の考え方は,欧州で生成・発展し,1992 年のリオ宣言で国際的に承認された環境政策の原則の一つとなった.
しかし,日本における扱いは,ほとんど棚上げの状態となっている.その一方で,リスク論の適用が各分野で広がっており,被害の過小評価や被害者の切り捨てに利用される事態も生じている.
今回の出版は,現在までの研究活動を中心に,福島第一原発事故による新たな課題等を加え,現段階における「まとめ」として編集・出版したものである.
(「まえがき」より抜粋)
執筆者(掲載順)
―西川榮一,小野塚春吉、神戸秀彦、田口直樹、森家章雄
〇神戸秀彦、近藤真、〇西川榮一、山田耕作、礒野弥生、津田敏秀、〇森家章雄、西川祥子、〇小野塚春吉、山口英昌、〇田口直樹、片平洌彦、沢田昭二、荻野晃也、佐藤克春、本間圭吾、歌川学、下田 守、長野晃(〇は編集委員)
Contents
まえがき
序章 予防原則とリスク論をめぐって 編集委員会
第1章  予防原則の生成と展開─EUのREACH規則を素材にして
第2章 予防原則・リスク論と環境権の再定義
第3章  技術の開発利用にかかる 環境・安全問題へのアプローチ
第4章 ICRPにおける放射線防護基準の変遷と問題点
第5章 情報とリスクコミュニケーション
第6章 予防原則と疫学の意義
第7章 科学の不完全性と倫理としての予防原則〜原発はどこまで地震・津波に耐えるべきなのか〜
第8章 化学物質管理政策の現状と課題
第9章  予防原則と食の安全─EU食品安全法に見る予防原則と日本の現状─
第10章 アスベスト問題から見た予防原則
第11章 薬害問題と予防原則
第12章 放射線低線量被曝問題と予防原則
第13章 電磁波影響問題と予防原則
第14章  リスク評価論の政策利用の批判的検討─市街地土壌汚染を念頭に─
第15章 意思決定における予防原則の確立
第16章 温暖化・気候変動問題と予防原則
第17章  公害と予防原則─水俣病・カネミ油症などの事例から─
第18章 寝屋川廃プラ公害と予防原則
終 章 予防原則を基本理念とする環境・安全社会に向けて
あとがき
索 引
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける