語らなかった女たち ー引揚者・七〇年の歩み
企業別組合研究のための文献集 別冊『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』
保育英語ワークブック グレード 掘複魁法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 検複粥法vol.3 別冊解答・解説付き
村山俊太郎 教育思想の形成と実践
北斎夢枕草紙 娘お栄との最晩年
草の根の通信使〈上〉 玄界灘を越えた人々
『空想から科学へ』と資本主義の基本矛盾ー難読箇所を どう読むかー《資本論 150年》
検証 政治とカネ ー「政治改革」20年は何だったのか
経済・社会と医師たちの交差 ーペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち
ロシア十月革命とは何だったのか
応能負担で暮らしと社会保障の拡充を ー崩壊するアベノミクスをどう乗り越えられるか(本の泉社マイブックレットNo.30)
哀愁の巴里 掘|羸照忘酩塀
LAND・SCAPE 中西繁作品集
光の廻廊/欧州の旅 供|羸照忘酩塀
中西繁 連載小説「時の行路」 挿画集
À Paris ゴッホの部屋の日々
決定版 中西繁絵画講座 初心者でもいい絵が描ける
鳩を〈上〉 鳩が来た
鳩を〈下〉 本格戦
「いじめ・自殺事件」の深層を考えるー岩手県矢巾町『いじめ・自殺』を中心としてー
どう変わる どうする 小学校理科 新学習指導要領
ぼちぼち行こうか 保健室の窓から
保健室と社会をつなぐ 本当の育ちと学びの場
子ども白書2017 「子どもを大切にする国」をめざして
本質的な理科実験 金属とイオン化合物がおもしろい
教育の良心を生きた教師 ー三島孚滋雄の軌跡
鬼の栖む風景120
判決から読みとく日本 日本社会のあり方を考える市民と社会科教師のための本
スポーツ団体への統制と報国団化 シリーズ3過去の戦争とスポーツーその痛恨の歴史
スポーツ物資の規制と軍部への供出 シリーズ2 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
貧しい日本の年金の実態、これで良いのか 世界で23位ー中国と韓国の間
事実と価値
増補改訂版 廃業して分かったFC契約の怖さ ーファミマ元店主の体験記 マイブックレットNo.16
メールで交わした3・11 ー言葉は記憶になって明日へ
[農民連ブックレット]ストップ! 日米FTAと「安倍農政改革」ー私たちの提案
企業別組合は日本の「トロイの木馬」
失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法
パックル森のゆかいな仲間  ポーとコロンタ
鬼瓦のルーツ 写真紀行 〜韓国、中国、カンボジア〜
野老であるが志は千里
原発より危険な六ヶ所再処理工場
文学で平和を
ガジュマルの樹の下で
日本国憲法はこうして生まれた ー施行70年の歴史の原点を検証する
一枚の絵の長い旅
築地市場の豊洲移転? マイブックレットNo.29
環境と動物の倫理
名作が踊る『資本論』の世界  シェイクスピア、ダンテ、セルバンテス、シラー、ハイネ…
マルクスと21世紀社会
東洋医学療法 温灸カッサ 講座テキスト
ともに明日を見る窓 児童文学の中の子どもと大人
1945年7月 高松 えほん 空襲
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
日本の「ことば・読み書き」指導の近代史
パリと私の物語
地域に根ざす学校づくり ー“子どもが主人公”の学校改革を求めて
元素よもやま話 ー元素を楽しく深く知る―
戦争は殺すことから始まった 日本文学と加害の諸相
公害・環境問題と東電福島原発事故
子ども白書2016 「子どもを大切にする国」をめざして
学童保育室で暴れる子どもたち 〜一〇二通のアンケートから〜
保育英語ワークブック グレード 1 別冊解答付き
保育英語 ワークブック グレード pre-1 別冊解答・解説付き ★CD付き
保育英語ワークブック グレード pre-機vol.2 別冊解答付き
保育英語ワークブック グレード II vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.2 別冊解答・解説付き
「書くこと」の授業を豊かに ―作文教育で「アクティブ・ラーニング」の先へ―
落語こぼれ話
現代の災害と防災 ─その実態と変化を見据えて─
食いしんぼうカレンダー  なっちゃんのおいしい12か月
改訂版「邪馬台国論争史学」の終焉 日本古代史学と憲法第一条
ドキュメント詩 朝やけの歌  三郷発─全国の「赤旗」配達の仲間へ
ゆたかなくらし 2016年2・3月合併号 高齢者福祉白書 わが国唯一の高齢者福祉・介護総合誌
ネパール 村人総出でつくった 音楽ホール 〜幸せを呼ぶ秘境の地 サチコール村〜  
おもしろ哲学 未華の冒険
原発を阻止した地域の闘い 第一集
これができたらノーベル賞
トゥール・デュ・モンブランを歩こう 素敵な山小屋とすばらしい展望 〜ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内1〜
作文名人への道 報告文・記録文・意見文・紹介文・随筆・物語・ 短歌・俳句
漂流する原子力と再稼働問題 日本科学者会議第35回原子力発電問題全国シンポジウム(金沢)より
野菜の力
決定版 わが家の常備菜・保存食 考えたい備えたい非常食
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
憧憬の山々 労山の歴史のなかで
型番 ISBN978-4-7807-1106-6 C0075 ¥1300
定価 1,404円(税104円)
販売価格

1,404円(税104円)

購入数

安田 一郎:著
四六判 208ページ 並製
定価:1,300円+税
ISBN978-4-7807-1106-6 C0075


この本は一九九七年から二〇〇〇年にかけて約二年半にわたって連載された大阪府勤労者山岳連盟の機関誌の「労山ニュース」を補完して編集したものです。
それは同時に私が勤労者の登山運動に加わった一九六〇年代の後半から一九九〇年までの約二五年間を回想したものでもある。思えば労山の事務所も城東診療所、梅田の事務所、舟橋町の一軒家、玉造のビル、現在の東成区のビルと移転してきました。ここには、玉造の事務所までの諸活動とともに歩んだ私たちの登山活動の一端を記している。今の私たちは福島の原発災害とこれらの危惧を背負った大きな時代のうねりのなかに生きている。労山の仲間たちが平和を訴え、自然保護を説き、遭難をなくす努力をし、震災のボランティアを派遣していることなどは労山ならではの活動である。この本がこれからの労山の発展と手にとってくださった方々の参考になることがあれば、筆者望外の喜びである。
筆者(「読者のみなさまへ」より)



【目 次】
読者のみなさまへ 3
歩んできたみち
その一 9
●はじめに 9 / ●第一期中級登山学校 10
その二 12
●第一期中級登山学校〜第二期〜第三期中級登山学校 12
その三 19
●前回より 19 / ●連盟結成のころ 20 / ●新体連大阪登山部の結成 22
その四 24
●日本登山史上の人 24 / ●第一期冬山登山学校――全国 24 / ●一九七〇年前後のことなど 25
●我が山々へ 26 / ●初めての屏風岩 26 / ●人物紹介 29
その五 31
●憧れのクライマー 31 / ●岩場へ 34
その六 39
●「この夏は……」一九九七年 39 / ●冬山、そして冬の登攀へ 40 / ●幻の登山者――単独の冬富士 45
その七 47
●前号より 47
その八 52
●雪崩遭難 52
その九 59
●登山時報の「星とワイン三八話」を読んで 59 / ●遭難以降は…… 60 / ●救助隊結成 61
その一〇 64
●海外に向けて 64 / ●七七年一二月末〜七八年年初にかけて 65 / ●初めてのヒマラヤへ 66
その一一 69
●人間の可能性…… 69 / ●ヒマラヤの王国ネパール 70 / ●白き憧憬の女神 73
その一二 76
●ヒマラヤで感じたことは…… 76 / ●ヒマラヤ遠征後は…… 79
その一三 81
●可能性への挑戦――二題 81 / ●今、世の中は…… 83 / ●立山障害者登山をとりくむ 84
その一四 87
●再会 87 / ●究極のロマン――夢の実現 89 / ●その壮行会で久しぶりの再会 91
●未登峰への想い 92
その一五 95
●二一世紀の跫 95 / ●消息二題 95 / ●プルビチャチュの蒼い氷 97
その一六 104
●バルマさんのこと 104 / ●'85山の会のことなど 105
その一七 107
●回想 技術の追求とスポーツの要素 107 / ●それから…… 110
●ところで今日は……(いつのことか考えた……多分一九九九年と思う……二〇一三より) 112
その一八 114
●二一世紀へ 114 / ●「70才、現役山歩きリーダー」発刊によせて 115 / ●一九八〇年代を顧みて 118
その一九 122
●身体運動論のあれこれ 122 / ●私にとっての一九八〇年代の労山 124
その二〇 127
●日常雑感 127 / ●山の雑誌のことなど 127 / ●スポーツの要素――その二 128
●八〇年代をもう少し顧みたい 130 / ●来月は特に…… 131
その二一 132
●八〇年代の別れと出会い 132 / ●ヨッサンの遭難 133 / ●新しい出会いもあった…… 134
●今年の五月の連休は…… 134 / ●労山に入る前のあるトレーニングの一日 136
その二二 139
●このところ…… 139 / ●ケルン解題…… 140 / ●大阪労山における事故の歴史…… 140
●このごろは…… 142
その二三 144
●八〇年代前半のことなど…… 144
その二四 148
●今夏は…… 148 / ●八月の空に…… 148 / ●日本登山体系から…… 149
その二五 151
●「クライマー」を読んで 151 / ●[閑話休題]……危機一髪…… 152
●再び八〇年代を思い出すままに…… 154
その二六 156
●白馬山遊倶楽部……より 156 / ●古くからの仲間に感謝…… 157
●ヒマラヤニズム誌の発行に寄せて…… 157 / ●大阪労山救助隊のこと…… 158
その二七 161
●京都労山との交流 161 / ●八九年の年は 161 / ●八〇年代最後の全登研 163
●大阪労山における海外登山の歴史 164
夏季二題 169
●吉尾弘偲ぶ会に参加して 169 / ●山脈の旅 171
ミレニアムのネパール 174
●ネパール滞在日記 174 ●ミレニアムのネパール 175
●ネパールバンダ〜そして二一世紀のネパールへ 177
将棋士と吉尾弘さん 179
●吉尾弘さんを偲んで 179
吉尾弘さんを偲ぶ 182
棋士と登山家 184
吉尾弘さん回想(その1) 186
吉尾弘さん回想(その2) 189
●荒城の月 189 / ●吉尾さんの少年のころ 191
『垂直の星』を読んで 193
《吉尾弘遺稿集出版記念の集い》に参加して 195
失われなかった歳月 198
●若き日の回想 199
つれづれに 202
●旅から帰って 202 / ●ネパールを訪れる 203
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける