語らなかった女たち ー引揚者・七〇年の歩み
企業別組合研究のための文献集 別冊『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』
保育英語ワークブック グレード 掘複魁法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供複押法vol.3 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 検vol.3 別冊解答・解説付き
村山俊太郎 教育思想の形成と実践
北斎夢枕草紙 娘お栄との最晩年
草の根の通信使〈上〉 玄界灘を越えた人々
『空想から科学へ』と資本主義の基本矛盾ー難読箇所を どう読むかー《資本論 150年》
検証 政治とカネ ー「政治改革」20年は何だったのか
経済・社会と医師たちの交差 ーペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち
ロシア十月革命とは何だったのか
応能負担で暮らしと社会保障の拡充を ー崩壊するアベノミクスをどう乗り越えられるか(本の泉社マイブックレットNo.30)
哀愁の巴里 掘|羸照忘酩塀
LAND・SCAPE 中西繁作品集
光の廻廊/欧州の旅 供|羸照忘酩塀
中西繁 連載小説「時の行路」 挿画集
À Paris ゴッホの部屋の日々
決定版 中西繁絵画講座 初心者でもいい絵が描ける
鳩を〈上〉 鳩が来た
鳩を〈下〉 本格戦
「いじめ・自殺事件」の深層を考えるー岩手県矢巾町『いじめ・自殺』を中心としてー
どう変わる どうする 小学校理科 新学習指導要領
ぼちぼち行こうか 保健室の窓から
保健室と社会をつなぐ 本当の育ちと学びの場
子ども白書2017 「子どもを大切にする国」をめざして
本質的な理科実験 金属とイオン化合物がおもしろい
教育の良心を生きた教師 ー三島孚滋雄の軌跡
鬼の栖む風景120
判決から読みとく日本 日本社会のあり方を考える市民と社会科教師のための本
スポーツ団体への統制と報国団化 シリーズ3過去の戦争とスポーツーその痛恨の歴史
スポーツ物資の規制と軍部への供出 シリーズ2 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史
貧しい日本の年金の実態、これで良いのか 世界で23位ー中国と韓国の間
事実と価値
増補改訂版 廃業して分かったFC契約の怖さ ーファミマ元店主の体験記 マイブックレットNo.16
メールで交わした3・11 ー言葉は記憶になって明日へ
[農民連ブックレット]ストップ! 日米FTAと「安倍農政改革」ー私たちの提案
企業別組合は日本の「トロイの木馬」
失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法
パックル森のゆかいな仲間  ポーとコロンタ
鬼瓦のルーツ 写真紀行 〜韓国、中国、カンボジア〜
野老であるが志は千里
原発より危険な六ヶ所再処理工場
文学で平和を
ガジュマルの樹の下で
日本国憲法はこうして生まれた ー施行70年の歴史の原点を検証する
一枚の絵の長い旅
築地市場の豊洲移転? マイブックレットNo.29
環境と動物の倫理
名作が踊る『資本論』の世界  シェイクスピア、ダンテ、セルバンテス、シラー、ハイネ…
マルクスと21世紀社会
東洋医学療法 温灸カッサ 講座テキスト
ともに明日を見る窓 児童文学の中の子どもと大人
1945年7月 高松 えほん 空襲
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
日本の「ことば・読み書き」指導の近代史
パリと私の物語
地域に根ざす学校づくり ー“子どもが主人公”の学校改革を求めて
元素よもやま話 ー元素を楽しく深く知る―
戦争は殺すことから始まった 日本文学と加害の諸相
公害・環境問題と東電福島原発事故
子ども白書2016 「子どもを大切にする国」をめざして
学童保育室で暴れる子どもたち 〜一〇二通のアンケートから〜
保育英語ワークブック グレード 1 別冊解答付き
保育英語 ワークブック グレード pre-1 別冊解答・解説付き ★CD付き
保育英語ワークブック グレード pre-機vol.2 別冊解答付き
保育英語ワークブック グレード II vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード 供vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード III vol.2 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.1新版 別冊解答・解説付き
保育英語ワークブック グレード IV vol.2 別冊解答・解説付き
「書くこと」の授業を豊かに ―作文教育で「アクティブ・ラーニング」の先へ―
落語こぼれ話
現代の災害と防災 ─その実態と変化を見据えて─
食いしんぼうカレンダー  なっちゃんのおいしい12か月
改訂版「邪馬台国論争史学」の終焉 日本古代史学と憲法第一条
ドキュメント詩 朝やけの歌  三郷発─全国の「赤旗」配達の仲間へ
ゆたかなくらし 2016年2・3月合併号 高齢者福祉白書 わが国唯一の高齢者福祉・介護総合誌
ネパール 村人総出でつくった 音楽ホール 〜幸せを呼ぶ秘境の地 サチコール村〜  
おもしろ哲学 未華の冒険
原発を阻止した地域の闘い 第一集
これができたらノーベル賞
トゥール・デュ・モンブランを歩こう 素敵な山小屋とすばらしい展望 〜ヨーロッパアルプスのロングトレイル案内1〜
作文名人への道 報告文・記録文・意見文・紹介文・随筆・物語・ 短歌・俳句
漂流する原子力と再稼働問題 日本科学者会議第35回原子力発電問題全国シンポジウム(金沢)より
野菜の力
決定版 わが家の常備菜・保存食 考えたい備えたい非常食
失語症の詩 ー失語症・片マヒ で・も・や・れ・る
スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう
社会
女性
出産・育児
教育・児童

保育英語検定シリーズ
自然
医療・福祉・健康
文芸
美術・写真
趣味・実用書
登山・ハイキング
ペット
ゆたかなくらし
日本の科学者
季論21
作文と教育
子どものしあわせ
労働総研
労働総研ブックレット
マイブックレット
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
アベノ改憲の真実 ―平和と人権、暮らしを襲う濁流 労働総研ブックレットNo.9
型番 ISBN978-4-7807-0917-9 C0336 ¥800
定価 864円(税64円)
販売価格

864円(税64円)

購入数

坂本 修:著
A5判ブックレット 104ページ
定価:800円+税
ISBN978-4-7807-0917-9 C0336
2013/10発行

《目次》
はじめに――あなたへの手紙として 2
第一章 迫る〝壊憲〟濁流――その陣立てと戦略をどうみるか 7
1 総選挙後、安倍政権下の明文改憲策動 8
2 参院選挙後の改憲基本戦略――同時進行の複合作戦 11
(1)「異次元」の解釈改憲・立法改憲の強行 12
(2)明文改憲策動の同時進行――〝詐術〟も〝変化球〟も選択肢 16
(3)正念場を迎えている 〝せめぎ合い〟 18
第二章 「改憲草案」の〝壊憲〟の原理――憲法三原則抹殺と立憲主義の否定 19
1 改正には限界がある――憲法の基本的原理は変えられない 20
2 変えられない三原則――国民主権主義、恒久平和主義、基本的人権の尊重 21
3 憲法三原則を否定する「改憲草案」――前文と総則規定の〝壊憲〟 23
(1)国民主権の「劣化」――天皇の格上げと国民の格下げ 25
(2)恒久平和主義の全面否定――愛国心と国防の責務を盛り込む 29
(3)「基本的人権」は目の敵――人権を奪い、国民を縛る憲法に変身させる 31
4 立憲主義の否定――「国民を縛る憲法」に変質させる 34
(1)日本国憲法は立憲主義を柱としている 36
(2)「改憲草案」は立憲主義を解体・破壊する 38
第三章 「改憲草案」の第一の顔――「戦争をする国」 42
1 解釈改憲・立法改憲の限界 42
2 憲法九条二項削除と自衛権の明記――集団的自衛権「解禁」 44
3 侵略戦争を任務とする国防軍 46
4 国防軍の機密保護で言論の自由を奪う 47
5 銃口と監視の目は国民に向けられる 48
6 「緊急事態」での強権支配――政令と「指示」による人権制限・剥奪 50
7 軍法会議――軍人による裁判、死刑脅迫での出動強制 52
8 新しい「英霊」を祀るための二〇条三項ただし書き――靖国公式参拝の解禁 54
9 徴兵制も現実の選択肢に 55
10 「戦争をする国」はすべての国民の自由と人権を奪う 57
第四章 「改憲草案」の第二の顔――「弱肉強食の国」 61
1 欠乏から免れる権利を抹消 61
2 生存権空洞化をねらう三つの〝隠し毒〟 63
3 人間らしく働く権利の破壊は立法改憲でやりつくす 69
4 公務員の労働三権を奪う 72
第五章 「改憲草案」の第三の顔――自由と人権のない強権支配の国 75
1 言論・表現・結社の自由を破壊 75
2 拷問も選択肢にある 80
3 政党規制――「国定政党」化ねらう 81
4 首相と内閣の支配力強化――議会の「劣化」 83
5 裁判所の「劣化」――「人権の番人」が消える 85
第六章 勝利の課題と展望をどうみるか――私たちは勝利できる 87
1 改憲策動には大きな弱点がある 87
2 戦略的優位――憲法の大義の力 90
3 到達点からさらに前へ進む――広範な世論をおこす共同の運動を 94
4 「憲法の生きる日本」を要求にして立ち向かう 100
5 勝利は可能――私たちできめよう 103

《前書きなど》
いま、その憲法はかつてない危機にさらされています。憲法を根底から破壊し、国が国民を縛る憲法をつくり、この国を「戦争をする国」「人間らしく生きられない国」「自由と人権のない強権支配の国」にする「国家改造」の策動を許すのか。それとも憲法を守り、憲法を生かし、みんなが平和に、個人としての誇りをもって、人間らしく働き、生きる新しい日本にするのか。私たち一人ひとりの人生を左右し、文字どおり歴史の岐路を分かつ〝せめぎ合い〟が目の前に展開されているのです。

小著は自民党の「改憲草案」を〝素材〟にして、改憲策動の正体を動かすことのできない事実を〝証拠〟として、解明することに力点をおいています。さまざまな「正体隠し」の言葉で「衣」をかぶせているが、「改憲草案」は改憲勢力の本音を語っています。「衣」をはいで正体を明らかにすることは、いままでの枠を越えて、改憲反対の声を広げ、多様な共同をつくりあげていくうえで、不可欠で、もっとも有効なカギだと確信するからです。
(「はじめに―あなたへの手紙として」より抜粋)


《著者プロフィール》
坂本 修(サカモト オサム)
 1932年秋田県能代市生まれ。1959年弁護士となる。メーデー事件、三井三池
争議、日立製作所思想差別解雇事件、芝信用金庫女性昇格差別事件、NTT11万
人リストラ「合理化」配転事件など多数の事件を担当。2003 年〜 2006 年まで
自由法曹団団長。憲法問題での講演活動で全国を行脚。
主な著書

『小選挙区制・政党法のすべて』(共著、イクオリティ・みずち出版、1991年)
『格闘としての裁判』(共著、大月書店、1996年)
『暴走するリストラと労働のルール』(新日本出版社、2002年)
『憲法 その真実 光をどこにみるか』(学習の友社、2006年)

表紙写真はPANA
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける