愛犬リンと暮らして(前編・続編改訂版) 恋人ならぬ恋犬同士? リキとリン
型番 ISBN978-4-7807-1169-1 C0095 定価:1,000円+税
定価 1,100円(税100円)
販売価格

1,100円(税100円)

購入数

圡野 美惠子:著
四六判 144ページ 上製
定価:1,000円+税
ISBN978-4-7807-1169-1 C0095
2014/7発行

正体不明の野犬を父に、柴犬を母に産まれたメスのミックス犬リン、その好奇心旺盛で野性味あふれる行動には、ハラハラ・ドキドキのエピソードが満載
また、まるで人間の恋人同士を見るような恋犬リキとの微笑ましいエピソードには、心もほっこり温まる
心もほんわか、癒やしの一冊

〈目次〉
   愛犬リンと暮らして《前編》  目次
    はじめに……………………………………………………………5
第一章 リンの小さい頃…………………………………………………11
    出会い 12    
    新幹線に乗って大阪へ 14 
    リンが大阪に来た日 16    
    お散歩デビュー 17 
    子犬の頃から見せた豊かな感情の片鱗 18    
    小さくてもしっかり番犬 19    
    自分で決めた自分の居場所 20  
    リンの困った癖 22    
    お母さん、見て見て! 23
    リンのハンター癖 25   
    オスに間違えられるリン 26 
    リンのルーツは? 28   
    消え行く故郷とリン 29
第二章 大人になったリン……………………………………………31
    二つのボール 33    
    ごめんなさい 35
    逃げるが勝ち 36  
    岡山へ里帰り 37
    抱っこして 39    
    これって、テレパシー? 41
    言葉が分かるの? 42    
    遊び心満載 43
    団子より花 44    
    私だけ! 45    
    お喋りしてる? 46   
    私の妹に何すんの! 47
    お母さんが心配 49
第三章 恋人ならぬ恋犬同士?リキとリン………………………53
    散歩仲間の厳しい序列 54    
    リキは特別 55 
    出会った瞬間、ビビビ! 57    
    共通する興味 58
    リキちゃんいるよ 59    
    見付けた、逃がさない! 60      
    ショック! 61    
    テリトリーは絶対 62
    遊ぶのは私だけ! 64    
    ジルは恋敵? 64
  二匹だけの世界 66



   愛犬リンと暮らして 《続編》  ●目次
    はじめに……………………………………………………………73
第一章 書き留めておきたいリンのエピソードあれこれ……………79
    淀川にドッボーン! 80   
    一番好きな収集物 81     
    これ、お母さんのやろ 82   
    とんでもない収集物 83   
    高速道路で大暴走 85  
    もう一つの貌 88   
    もう、けんかはやめてや 91   
第二章 忘れられない犬、野良犬ブチ…………………………………95
    出会い 96   
    名前の由来 98   
    はみ子のブチ、飼い犬の仲間になる 99     
    教育係を務めたリン 100   
    広がった行動範囲 102   
    ブチ、リンのストーカーになる 103  
    犬仲間にも波及したストーカー行為 104 
    不吉な収集物 105 
    子犬の運命 109   
    何度も失敗したブチ捕獲作戦 113   
    加速したブチ捕獲に向けての動き 115   
    ブチ、間一髪、難を逃れる 116   
    息を飲んだブチ捕獲劇 117  
    ブチのその後 122 
第三章 恋人ならぬ恋犬同士? リキとリン…………………………127
   二匹の間に割り込むブチ 129   
    三匹のユニークな関係 130
   明確な順位 131   
    ノー天気でマイペース、でも根はやさしいリキ、そこが好き 132
   やっぱりしたい、コロコロ遊び 133   
    もういいもん。私、帰る 134
   大好きな草藪 136
    何これ、何なん? 137   
     リンが心配、でも僕どうすりゃいいの? 139
おわりに……………………………………………………………………141


〈前書きなど〉
 はじめに(前編)
 振り返れば五年前、当時リンは三歳、元気な盛りでした。一緒に暮らして改めて知らされた犬の愛らしさ、その人間並みの豊かな感情、それらに裏打ちされた日々の行動の面白さに感動し、それを忘れない内に書き留めておきたいとの思いに駆られて書き始めた一冊、それが「前編」でした。その後、「続編」・「最終章」を書き継ぎ、はや一年が過ぎようとしています。   
 そんな中、リンは九歳、リキも十歳近くの高齢犬となりました。今も、会えば当然のように「二匹だけの世界」を楽しむ彼等、そんな彼等の若き日の微笑ましい姿を書き留めた三部作、ところが残念な事に、その内の「前編」と「続編」は、文中の写真がモノクロなのです。
 そこで、この度、前二作を合わせて一冊とし、オールカラー本として出版する事にしました。これを機に、エピソードや写真も追加しています。前作とは一味違った仕上がりをご覧いただければ幸いです。


 はじめに(続編)
 私が前回の本を出版後、早くも一年近い月日が流れ去りました。その当時、もうこれで書きたい事は書き終えたと思っていた私ですが、今回、改めてペンを握ろうと思い立ちました。その後のリンとの暮らしの中で、是非とも書き留めておきたいと思う事柄が次ぎ次ぎと出て来たからに他なりません。
 ともあれ、ここでは、前回書き漏らしたリンのエピソードに加えて、その後のリンとの暮らしの中で起きた特筆すべきエピソード、さらには、リンにとっても私たち夫婦にとっても忘れられない犬となった野良犬ブチの事、そして、最後に、リキとリンのその後について順次書き継いでいきたいと思います。


〈著者プロフィール〉
圡野 美惠子(ツチノ ミエコ)
昭和25年,岡山県に生まれる。岡山大学卒業後、大阪府内の小・中学校
に教師として37年在職。

【著書】

愛犬リンと暮らして
 …恋人ならぬ恋犬同士?リキとリン… (2009年 文芸社)
続・愛犬リンと暮らして
 …恋人ならぬ恋犬同士?リキとリン… (2010年 文芸社)
あかはまが池の摩耶          (2011年 文芸社)
最終章・愛犬リンと暮らして
 …恋人ならぬ恋犬同士?リキとリン… (2013年 本の泉社)

※著者の名前の「圡」は「土」の右上に点あり
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける