財界戦略とアベノミクス ー内部留保はどう使われる 労働総研ブックレットNo.11
型番 ISBN978-4-7807-1215-5 C0036 定価:600円+税
定価 660円(税60円)
販売価格

660円(税60円)

購入数

藤田 宏:著
A5判 64ページ ブックレット
定価:600円+税
ISBN978-4-7807-1215-5 C0036
2015/3発行

目次
序 章 アベノミクスと財界戦略
第1章 バブル崩壊後の財界戦略――『新時代の「日本的経営」』と「新型経営」
第2章 財界・大企業の搾取強化の新段階――付加価値の企業配分の増大
第3章 「新型経営」下で急膨張する内部留保
第4章 財テク重視の「新・新型経営」による新たな資本蓄積方式
第5章 「新・新型経営」とアベノミクス
終 章 内部留保は国民経済の障害――内部留保を経済の好循環の糧に

前書きなど
本書は、『国公調査時報』2015年3月号に掲載された「インタビュー・財界戦略の変遷とアベノミクス」を整理してまとめたものです。(「はじめに」より)

著者プロフィール
藤田 宏(フジタ ヒロシ)
1947年生まれ。労働運動総合研究所常任理事。
『労働運動』誌編集長などを経て現職。


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける