都心の生物供’酳画と観察録
型番 ISBN978-4-7807-1263-6 C0045 定価:2,000円+税
定価 2,200円(税200円)
販売価格

2,200円(税200円)

購入数

中野 敬一:著, 中山 れいこ:編集・解説, 藤崎 憲治:総監修, 塚谷 裕一:植物監修
B5判 96ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7807-1263-6 C0045


都心の道端や空き地でもこんなに楽しめる!


前書きなど
世の中の人々に著しく嫌われるゴキブリは太古から体の仕組みが変わっていません。私はそのような生物の仕組みの中に、いつか人の暮らしを助けるものがあるかもしれないと思います。中野さんの論文で一番多いゴキブリのことも多く知って欲しいので、都市で普通に見られる生物共々紹介します。
(「編集・構成・執筆分担について」より)


著者プロフィール
中山 れいこ(ナカヤマ レイコ)
博物画家、図鑑作家、環境教育アドバイザー、グラフィックデザイナー。
博物画の製作・普及などを行うアトリエモエリを主宰。

藤崎 憲治(フジサキ ケンジ)
京都大学名誉教授

塚谷 裕一(ツカヤ ヒロカズ)
東京大学大学院理学系研究科・生物科学専攻教授
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける