世界に誇る日本国憲法 究極の具現化 新生「菜園家族」日本ー東アジア民衆連帯の要ー
型番 ISBN:978-4-7807-1945-1 Cコード:0036 本体価格:2,500円
定価 2,750円(税250円)
販売価格

2,750円(税250円)

購入数

著者:小貫雅男/伊藤恵子(オヌキマサオ イトウケイコ)
発売予定日:2019年09月26日
発行年月日:2019年09月26日

判型:A5
重量:560
ページ数:384

《内容紹介》
世界は変わる
混迷と保身の「令和」の時代
大地に根ざした、素朴で精神性豊かな
新生「菜園家族」日本が
東アジア民衆の連帯に先鞭をつける

小さな「地域」から覗く世界の真実
東アジアの片田舎の小さな「地域」
人知れず権力と闘った
民衆の苦闘の姿を見つめ
この地域世界の特質と課題を明らかにし
21世紀、私たちの未来への展望を探る。

甦る大地の記憶
心ひたす未来への予感

本書は、海図なきこの時代にあって、かつての19世紀以来の未来社会論に対して、21世紀私たち自身の新たな未来社会のあり方を探究するものであるが、今述べたような問題意識から、その前提として、まず冒頭の第 章および第 章において、「東アジア近代への胎動、民衆の可能性と限界」および、「『東アジア世界』の歴史的構造とその展開の特質」をテーマに設定し、日本の近現代を東アジアの歴史構造のなかで捉え直し、自らを、自らの問題として検証することからはじめることにした。(「はしがきにかえて」より)

《目次》
第 章 東アジア近代への胎動、民衆の可能性と限界ー19世紀東部モンゴル、ト・ワン所領を「地域」モデルにー
第 章 「東アジア世界」の歴史的構造とその展開の特質ー北の辺境モンゴルの視点からー
第 章 二一世紀未来の新たな社会のあり方をもとめて
第 章 「菜園家族」日本の構築ー二一世紀、素朴で精神性豊かな自然循環型共生社会への道
第 章 二一世紀こそ草の根の変革主体の構築をー本物の民主主義の復権と地域再生
第 章 「菜園家族」の台頭と草の根の高次創造の世界へー資本の自然遡行的分散課程
第 章 今こそ近代のパラダイムを転換するー生命本位史観に立脚した二一世紀未来社会論
第 章 新生「菜園家族」日本こそ、新アジア民衆連帯の要ー自然循環型共生の二一世紀「東アジア世界」をめざして
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける