歴史を歩くワルシャワ 国王選挙の始まりから1944年8月蜂起前まで
型番 978-4-7807-1965-9
販売価格

3,267円(税297円)

購入数

ワルシャワは、ポーランドの首都である。ピアノのショパンゆかりの土地でもある。
本書は、数奇な運命に見舞われ、その歴史の痕跡を残すワルシャワ紀行である。

「ワルシャワの記憶」をたどってきた。それは同時にワルシャワの街の「歴史歩き」でもあった。
人間の一生より長くかかって生まれてきた建造物はさらに破壊、修復、改築を重ね、世紀をまたいで長く生き続けてきた。
それに比し、人間一人ひとりの生命はあまりにも短く、歴史的建造物や記念碑を目の前にすると、奥深い過去と現実のあいだの大きな隔絶を知るばかりである。
それでも、そうした場に身をおくと、長い歴史の深みのなか、広大な空間と時間の懐の中にある人間ひとりの存在に孤独を感じながらも、同時に安堵を覚えるふしぎがある。(本書「はじめに」から)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける